人生の中で、何度か引越しをしているのですが、その時、タイミングが合えば、利用しているのが布団クリーニングです。
布団はクリーニングに出した方がよい、とはわかっているのですが、その費用を考えると、なかなか踏み切ることができません。ですが、不感蒸泄や汗を吸い込んでいて、案外、汚染しているものと知っており、到底、天日干しをしただけでは、また、今はやりのスプレー除菌をするだけでは、きれいにならないと思っています。
引越しをするとき、そのタイミングが合えば、と、先ほど記載しましたが、季節的に、ちょうど冬布団から合い布団に変える時期、とか、夏布団に変える時期、とかという時期と、引越しとが重なる、ということです。引越しは何かと出費がかさむものですから、費用を抑えたいという考えもあるでしょうが、どうせ費用がかかるのだから、ということで開き直るわけです。
まず、引越しが決まったら、布団クリーニング業者さんを探します。業者さんの条件は、日にち指定で、自宅までその会社が布団を回収に来てくれる、もしくは、宅配業者さんが回収に来てくれる、ということ、そして、回収場所と配送場所が変わることによる料金がかからないこと、配送日は一定の日程が経過したあとを指定しても追加料金がとられないこと、こういったことで選定します。もっとも、その業者さんの技術的なものはインターネットでしっかりと確認をしておき、料金についても、事前にしっかりと確認をしておきます。
そして、選定した業者さんと、事前打ち合わせをして、当日朝、朝まで使用していた布団を回収してもらいます。そして、引越しを無事終え、片付けがほぼ終了した頃を見計らって、連絡をしてクリーニングの終わったきれいな布団を配送してもらいます。引越し後tのごたごたした状態の時、布団で場所をとってしまう、ということもなく、片付けをサクサク進めることができますので、楽ちんです。引越し先の状況によっては、別料金がかかることがありますが、場合によっては必要な時まで保管しておいてもらう、ということをしたこともあります。引越し先が狭くて、保管場所に少々困った時などです。もっとも、最終的には布団を片づける場所は確保しておかないといけないのですが。
引越し業者さんにおいても、布団の荷物分、場合によっては少し安くしてもらえます。もっとも、トラックの大きさで決めるようですから、布団があろうとなかろうと、変わりません、と言われたこともありますが。

しかし、引っ越し業者によっては完全に布団クリーニングと提携していないこともあるので、その場合バカ高い値段の時もあります。

いまは宅配クリーニングで布団のクリーニングを安くしてくれるところもあるので、宅配クリーニング 比較をして値段の違いをチェックしてください。

こういった方法での布団クリーニング、一度試されてみてください。