◆クリーニングに出すタイミング
家にある洋服のほとんどは、自宅でお洗濯可能なものばかりですが、どうしても素材の特殊なもの、大きいサイズのものなどはクリーニングのお世話になります。
お洋服のクリーニングに出すタイミングの多くは、やはり衣替えシーズンになります。後は予想以上に汗をかいてしまった時や、食べ物飲み物のしみがついてしまった時。
こういう場合は衣替えシーズンを待たずに素早くクリーニングにだします。こういう汚れを、長期放置するとクリーニングでも薄っすら残ってしまったりしがちですので
まず、応急処置としてその部分を軽くふき取り、すぐにクリーニングに出すことで、お洋服がいつまでも綺麗な状態を長く保てると思っています。
◆便利なクリーニング店のサービス
昔はありませんでしたが、今は、シーズンオフの衣料やお布団など、家で場所をとるものの一時保管サービスが便利だと思います。
しかも、家保管との決定的な違いは、温度や湿度管理が行き届いている点です。このサービスでカビや匂いもまったく気になりませんし,家での保管スペース確保も必要なく
狭いアパートなどで収納スペースに限りのある方には、絶対におすすめだと思います。
◆一人暮らしにおすすめのクリーニング利用の仕方
やはり、クリーニング後の保管サービスを積極的に利用されるのがいいと思います。
また、インターネットなどでは専用の袋や、箱などにクリーニングするものを詰めて配送するサービスなども一人暮らしのかたには便利だと思います。
ご自身の休日に合わせたクリーニングの引き取りや納品方法を選べますから、一人暮らしでクリーニング完成品をどうやって受け取るかの心配もないと思います。
◆ぬいぐるみの洗い方
大切なぬいぐるみはやはりクリーニング店にお任せするのが一番だと思います。
今は、ぬいぐるみ専門でクリーニングしてくれたり、ちょっとしたぬいぐるみの破れなども丁寧に優しく補修してくださるクリーニング店もありますので
利用されると便利だと思います。手垢や少しの汚れであれば、セスキ炭酸ソーダなどを溶かし、硬く絞った温タオルなどで優しくふき取り、乾燥させるだけでも
少しさっぱり致しますのでおすすめです。その場合には目立たぬ場所での色落ちテストもお忘れなく。
◆布団の洗い方
洗える表示のお布団は、家に大きな洗濯機をお持ちでしたらチャレンジなさるのもいいと思います。また、洗濯機に入らない布団などはお風呂での踏み洗いなど
お天気のいい日にチャレンジしてみるのもいいと思います。今は、コインランドリーに布団専用の大きな洗濯機も設置している店舗も多いのでそちらを利用されるのもいいかなと思います。
◆宅配クリーニングのすすめ
大きな布団も、溜まってしまってかさばった衣類も宅配クリーニングにお願いすれば集荷も配送も全部おまかせですから
忙しい方にはこれを利用しないてはないのではないでしょうか。持ち運ぶ手間がいらないのは大きな利点だと思います。
クリーニング後保管サービスもありますのでこれらを積極的に利用して
いつでもきれいなお洋服やお布団を使える準備をなさっておくととても便利だと思います。